« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月 ARCHIVES

天国への橋

またひとり沖縄の巨星が亡くなった。
故米盛裕二はつぐみのご尊父であります。
沖縄のみならず、世界で活躍した才人でありました。

昨年より沖縄と東京を行ったり来たりで、ずっと看病をしていたつぐみは、お父上が亡くなる少し前に、どうしても創りたい曲があるからと一時東京に戻っていました。

そして三月十九日の真夜中過ぎ、つぐみから訃報の知らせ。

ワタクシにある曲を完成させて持って来てほしいと言い残し、翌日早朝の便で沖縄へ旅立ちました。

一夜明けて、ワタクシも沖縄行きの準備を一通り終え、託された曲を聴いてみた。
それはとても美しい旋律のインスト曲でした。
『untitled01』となっており、要するに無題だったのですが、あとからメールで『天国への橋』と命名されていた。

父上の最後は TINGARAの曲で送りたいとの想いから選曲されたリストの通り CD-Rに焼き付けました。

『天国への橋』を含む TINGARAの楽曲は、告別式の一般献花の際に流されたのです。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

TINGARA
石島英雄

チベットに想いが飛んでいます

080317.jpgradio TINGARA_080317.MP3

音楽家として出来る事ってなんだろう?なんて考えたりもしています。
でね、ビヨークとひでおしゃんが同じで、ダライ・ラマとつぐみしゃんが一緒って何のこと?
 
 

そして『明日への祈り』はチベットの人たちに捧げたいな。


podcast-lg1.gif

『明日への祈り』をブログに貼り付けてみよう!

以下のコードと共にエントリーをすれば、映像を載せられます。
じゃんじゃん貼り付けてくださいまし。
YouTubeの方は mixi日記にも載せられるかな?


『明日への祈り』 eyeVio [高画質版]


『明日への祈り』 YouTube

撮影隊結成決起集会

TINGARAの新たなるプロジェクト『映像と音楽 TIMELAPSE』で重要となるのは、当然のことながら映像素材ですよね。

前にエントリーした“TINGARAの新しい試み『映像と音楽』”で TINGARAとコラボしようって呼びかけたら、何人の方から参加表明をいただき、すでにトライされている方もチラホラ現れたりウレシイ限りですね。

さてここから本題ね。
本格的な春を目前にして桜前線も気になる今日この頃、撮影隊に参加していただけるみなさまと、講習会と言う名目の飲み会なんぞやろうかなって思っちょりまする。

いかがかしらん。

撮影隊と言うことなので、おそらく少人数だと思おうので、近くでオイシイモン食べながらでもいいかもね。
要するに飲み会じゃん。
ぶはは。

さて、いつにしようかな。
コメントで会議しましょうかね。

TINGARAがまだ蛹の頃のお話

080303.jpgradio TINGARA_080303.MP3

ワタクシたちが TINGARAになったかならない、まだ蛹の頃の音源を見つけてしまいました。
もうね、むちゃくちゃチープな音源と、今では考えられないくらいの非力なパソコンで創った曲です。
とっても幼いレベルだけど、今聴いてもマインドは感じられるかな?
しかしこれが TINGARAって思うかもしれないけど、これも TINGARAなんですね。
ちょっとハズかしいけど公開しちゃいます。


podcast-lg1.gif▼『Jewel of Universe』オンエアー
ポール・スポング博士からいただいたオルカの声をサンプリングして、ひとつの曲に仕上げました。

映像とコンサート? ををっ!!

080302.jpgradio TINGARA_080302.MP3

前回のエントリー“TINGARAの新しい試み『映像と音楽』”について語っています。
何しろみんなで遊ぼうよ。
そして最後にひとつの作品に仕上げましょう。
そしてそして、最後に映像とコンサート? ををっ!!


podcast-lg1.gif▼『YOGA with TINGARA ~太陽の光る島~』より『明日への祈り』オンエアー

御陰加那志と御陽加那志

ts_01.jpgボクネンズアート東京で、ただいま「御陰加那志(うちちがなし)」と「御陽加那志(うてぃだがなし)」が展示されています。「御陰加那志」はTINGARAのファーストアルバム『天河原』のジャケットに使わせていただいた作品でもあり、私たちにとってとても思い入れの深い作品です。
畳2畳大もある大きなこの2作品は、展示できるスペースが限られるため、なんと6年ぶりのお披露目なんだそうです。この絵を見るためにギャラリーを訪れ、ブログでエントリーされてる方たちがすでに何人かいらっしゃいますが、それだけインパクトが強く、惹きつけられるのですね。私もひさびさに目にして、二番煎じ三番煎じになっちゃうのですがやっぱりブログで紹介したい衝動に駆られました。(笑)


ts_02.jpg今日はギャラリーで、わんこ2323さんご夫妻、我如古さんご夫妻にお会いしました。(^O^)
短い期間限定の展示だそうですので、お近くの皆様、どうぞお早めに足を運んで観てみてくださいね。

明日への祈り [YouTube]

eyeVioのアップしているデモ映像ですが、そこそこ高画質を売りにしているだけあって、少し前のスペックのマシンだと、折角の映像も再生できないとのお声をいただきました。
今回の映像はなるべく、高画質でお届けしたかったのですが、観る事ができないんじゃ、何も始まりませんよね。
と言うことで、YouTubeにもアップしました。
雰囲気だけでも感じてみてね。

HTMLソースコード

TINGARAの新しい試み『映像と音楽』

デジカメでインターバル撮影した写真を動画にしてみました。
この映像は、微速度撮影とか、インターバル撮影とか、コマ撮りとか、TIME LAPSE などと言われています。まずはこのデモ映像をチェックしてください。


HTMLソースコード

今回は訳あって、ロケ地は北海道中心になっていますが、場所に拘りはありません。
素敵な時、素敵な場所だったらどこでも良いよね。
何しろ、こんなカンジの映像に TINGARAがオリジナル曲を書き下ろして作品に仕上げたいと思います。

ミュージックビデオやプロモーションビデオは、一回観れば大抵満足してしまいますが、この映像は何度も観たくなってしまう、そんな魔力・魅力がある気がするんです。
映像の世界ではすでに使い古された手法ではありますが、今でも十分新鮮な気がするんですよ。

"神様の視線"を感じませんか?

実はこの映像を制作するには、とっても忍耐力が必要なのです。
何しろ1カット30秒程度の映像を創るのに、900枚の写真が必要なのです。
たとえば、2秒に1枚撮影したとして30分の時間が必要です。
3秒に1枚ならば45分、4秒に1枚ならば60分とこんな具合です。
星の映像は、露出が10秒とかになるので、たったの30秒の映像でも150分もかかる事になる訳なんですね。

さて本題です。

▼Read More...

RECENT COMMENTS

RECENT TRUCKBACK

 


ポッドキャスト[radio TINGARA]とは、ネットで配信されるラジオ番組のことです。パソコンで聴くほか iPodなどの携帯プレイヤーで受信できます。ポッドキャストを登録するには、上のアイコンを iTunesなどにドラッグ&ドロップしてください。「お気に入り」に登録しておけば、番組は自動取得されます。 >>さらに詳しい説明

 


TINGARA CHANNEL

 


TINGARA CHANNEL

 


TINGARAコミュニティ

 

このブログを購読

| blog index | profile | discography | headline | media | live event | diary | music talk |
| podcast | movie | gaia | mailservice | supporter | podsafe | contacts | sitemap |